(2002)
【7月31日(水)】

LINKS FRIENDS 1件追加。

ぬかるみの世界を一挙に3週分聴く。イヤホンで聴きながら文章を構築するのは至難の技で、私は聖徳太子になるのは無理やな(当たり前じゃ)と得心する。ぬかるみを聴くのは深夜が多く、そんな時間に不気味な笑い声は聞きたくないと息子が言い、ほな早よ寝たらええがなうるさいな。折角おもろい話を聴いてるのに、笑いを我慢して何が楽しい。



【7月30日(火)】

MOVIES リトル・ダンサー UP



【7月29日(月)】

なぜこうも暑いのか。それは、夏だから。あつはなついね。古典的なボケ。天気予報を見ていると、大阪の気温は大概全国一である。ヒートアイランド現象と呼ばれる、人間活動の活発な都市部で「島状」に気温の高い部分ができる現象なのだそうで、大阪府も原因の究明に向けて調査に乗り出したようである。私が大阪に出てきたのは'70年代の後半であるが、その頃の夏は、こんなに暑かったか。私が入っていた会社の寮には、各部屋にエアコンなどなく、2人1台の扇風機で過ごしていたのである。今考えると恐ろしい。若かったから乗り切れたのだろうか。今は昔。



【7月26日(金)】

数日前からめばちこ(ものもらいの事)が出来て、抗菌の目薬を使っていたのだが、痛みで早朝に目覚めてしまうくらいになってしまい、観念して眼科に行く。初めてのクリニックだったのでまずは一通りの検査からしますとの事。眼圧や視力検査なんだが、それがねぇ。。右1.5、左0.6 こりゃ疲れるよね。老眼はどうなってます?とは訊かなかったが、どうなってるんでやんしょ。先生は、思いもしない男前である。芯のあるめばちこ、出来てますよぉと、私の右のまぶたをひっくり返して言う。上方なので私は、自分で見る事ができなかったのである。目薬をもらって来たが、注さない内から痛みが引いたように感じるのは何故かしら?1週間くらいで治りますと言われたが、そんなにかからないな、この分じゃ。

時間が早かったので、そのまま帰宅するのは勿体ない。ので、Pへ行く。午前中から遊ぶって、久し振りじゃ〜ん。今日は、打つ台打つ台、かかるかかる。こんな日もあるんだなぁと驚嘆する。金額的には大した事はないのだが、減らないってのが大きいわけで。2軒目のお店で 21日の彼女とバッタリ会うも、隣同士の台を打っていたにも拘わらず、お互いに気付きもせず、夢中で打っていた為に、声をかけたのは私が席を立ってからだった。結局、5時くらいまでやって帰宅。睡眠不足(2時間しか寝ていない)だった為化粧を落とし(こんな時ちゅららはめちゃ便利)、もらった目薬を注し、仮眠をとる。

ISU(International Skating Union の アサイン(アサインメントの略)が出て、アリョーシャの名前がNHK杯(今年は京都で開催される)の所にあり、一時期、ファンの間では騒然となっていた。しかし、どう考えても(彼のスケジュール等)無理な話で、やはりぬか喜びとなってしまった。彼は来ない。タラソワコーチもインタビューではっきりと、その話しはお断りしました、と語った。やっぱりなぁ。当初伝えられていたようにスケカナと日程が重なる為というような理由ではなく(実際、重なってはいない)、北米以外でのコンペ出場は、今のところないのだそうだ。今朝の朝日新聞にも記事があり、ヨロ選、ロシア国内選、世選にも出場予定なし。コーチに拠れば、他の仕事があるそうなんだが、他の仕事って何よ。来季の新しいプログラム、日本のファンは観られないってこと?スケカナやスケアメのTV放送って、聞いた事ないぞ。現地に行くべし、それしか手はないのか。無理じゃん。

ご覧のように、アリョーシャの事についてBreathで触れていないからと言って、彼の事を考えないで過ごしているわけではない。水面下で着々と進行中なのである。言うまでもなく、進行しているのは私の思いだけなのではあるが。彼が来ないと分かってはいるが、NHK杯は観に行きたいと思っている。フィギュアスケート初観戦なるか!ってとこ。EXだけなら一緒に行っても良いと言う知人・友人は居るので、アリョーシャ来ないからチケットがとり易くなったとだけ伝えようと思う。どうでもいいけど、カレンダー、頼みました♪海外のファンサイトで発売するもので、纏め買いして下さる方がいらっしゃるのだ。ありがたや〜。必要な方は早目にどうぞ。おらんわなぁ(笑)。



【7月23日(火)】

『奇跡の人』 読了。

ヘレン・ケラーとは、何の関係もなし。交通事故で瀕死の重傷を負った主人公は、驚異的な回復力で一命をとり止め、植物状態からも脱し、8年間の入院生活にピリオドを打つ事となる。だが彼は、一切の記憶をなくしており、人間としての生活に不可欠な言葉さえ、入院中に獲得してきたものだったのである、今は亡き母親や周囲の人々の愛によって。何故自分はここにいるのか、昔の自分はどんな人間だったのか、手掛かりになるようなものもなく、母の日記からも窺い知る事はできない。そんな主人公の、自分探しがテーマである。

読後感は悪くないのだが、私の感想としては、ナンダカナァ…である。お話はハッピーエンドではなくとも良いが、昔の彼女を母親にしてしまうところが私は気に入らない。結局そうなるのか、とほほな気分。どんな環境にあっても、人間の本質は不変であると言いたいのか、主人公を暴力に駈り立てる経緯も、説明はしてあるのだが、私は不満である。主人公の母親の勘違いな思いやり(敢えてそう呼びたい)については言及されておらず、ただひたすら、「お母さんは、あなたの事が心配だったのよ」な発言をみんなにさせている。若い頃にヤンチャしていた女性も、良い母親になっていたり、横暴な恋人と別れられない女性も出てきたりと、はっきり言って、女の描き方がなってない。勿論、そんな女性が居るって事は承知の上だが、そんな女性ばっかりなんやもん。家庭を持っている女性が家を空けるのは、そんなに難しいことだろうか。昔の恋人が周りをうろちょろするとそりゃぁ迷惑だろうが、どんな背景があるにせよ、自分ではっきり言わなきゃ、言わせなきゃ。作者の古ーーーーっい価値観に登場人物達が縛られていて、その中ではOKなんだろうが、どうも納得できない場面が多かった。巻末の解説を先に読んで期待したけど、☆2つってとこかな。



【7月21日(日)】

日曜日だというのに、ほぼ終日、家に1人きりだったので、汗くったらして掃除した。お布団を干し、シーツを換え、洗い、水周りを磨き込み、網戸をハボキ(便利なんだこれ)でキレイにする。Tシャツが絞れるくらいに汗、かいたぞ。夕方6時に、最寄駅の改札口でましゃファンと待ち合わせしているのを忘れそうになるくらい、グッタリとなった。思い出したので、シャワーを浴び、急いで身支度をし、出かける。ましゃが高らかに開会宣言をした、サザン・オールスターズの昨年の茅ヶ崎ライブのビデオをダビングして渡す約束になっているのであった。彼女は既に来ていて、涼しいとは言えない改札口辺りで待っていた。昨日、携帯メールで明日会った時でいいから教えてと言われていた「福山は何故にましゃ?」という彼女の疑問に答え、パチンコで大当たりしたにも拘わらず、約束の時間が迫っていたので、何とか確変だけは終了させて、途中で抜けてきた彼女と別れ、私も別のパチンコ屋へ。見事玉砕。なぁに、砕け散ったのは私の方で、玉じゃない。帰りに本屋さんへ立ち寄るも、めぼしいものは無く、それでも手ぶらで帰るのは癪なので次の4冊を購入して帰宅。

『ガープの世界 上・下巻』――ジョン・アーヴィング(映画では何度も観た)
『奇跡の人』――真保裕一
『人生の甘美なしたたり』――田辺聖子

で、『人生の甘美なしたたり』 読了。

小説ではなく、田辺先生の提言集みたいなもの。これまで発表・出版された、田辺先生の作品の中の一説や短章を蒐めて、「男と女」「女とは」などのカテゴリー毎に分類してある。
面白かったものをいくつか上げてみよう。


男が若い女ばかりに関心を持つのは、種族保存のオスの本能でっせという説を、大多数の男たちは信じているが、なーに、おとなの女と丁々発止とやりあう自信がないだけのことである。(「男とは」の章より)

そうでしょうとも。そんな男に、お目にかかった事は余り無いのが現実である。逆に、女が若い男に関心を持つのは、同年代の男と話している時に感じる、「このおっさんに何を言うても無駄」という、実に身もふたもない感想を持つ事が多く、どうせならキレイな男が良いに決まっているからだ。あら〜ん?結局、若い方がええねやん、女も男も。


モノを集める、というのは自己主張の一つのあらわれであろう。だからこそ主婦はコレクターになりにくい。(「世の中さまざま」の章より)

私の場合は集めるのではなく、知らない間に溜まるのだ。本やビデオは捨てられない。従って私も、コレクターでは有り得ない。


オジサンはダイエットの必要があると思うと、ジョギングでもしようか、と思うが、オバサンは、手術で下腹の贅肉がとれるというニュースを熱心に読む。(「男と女」の章より)

これには爆笑。まるで我が家を覗かれているようであった。しかし、なかなか実行しないのは、女も男も同じである。


田辺先生はまえがきで、

時に、舌足らずで、もう少し説明を、と思われるものもあるかもしれないが、そこはお読みになったあなたが、どうぞ付け加えて下さい。――私なら、こう続けたいけど――と思われたら、どうぞ、お書き込み下さい。

と仰っているので、ちょいとやってみたが、読み手によってその言葉も、変わってくるに違いない。



【7月20日(土)】

えっとですね、結論から言いますと、思ったような効果はありませんでした。お金、返してもらうぞ。以上。

今日はオフ会。ミナミの東急ハンズ前で17時に待ち合わせだったが、私はその前にやる事があった。まず、なかなか行けなかった美容院に予約を入れてカットとカラーリングをやってもらい、スッキリした。お昼間、めったに外出しないのに今日はそういうわけにも行かず、歩いて2分くらいの美容院に行くのも億劫なほど暑かった。本当に暑かった。ミナミはもっと暑かった。少し早目に家を出て、百貨店で口紅と靴を購入。口紅は現在使用中のものなので、品番だけ言えばOK。靴にはいつも苦労するのだが、前から目をつけていた売り場で、デザイン・色(黒ですがね)・機能・価格とも満足できるバックストラップの物をゲット。これは嬉しかった。選ぶのに10分も要らんかったもんなー。次もあそこにしようっと。早速履いて行ったが、靴擦れも無し。素晴らしい、考えられん。

さて、そんな事よりオフ会だ。Plumさんとキリコさんには先日の野球観戦で久し振りに会えたのだが、koalaちゃんとタッチさんにはほぼ1年振り。お懐かしゅうございました。今回の幹事のkoalaちゃんが予約してくれたお店、なかなか宜しかったですぅ。また行きたいと思わせる和食屋さん。場所も分かり易かったので、1人でも行ける(笑)。1年のブランクなんか微塵も感じず、飲んで食べて喋って踊った。踊っちゃいませんね。私はしこたま酔っ払ってしまい、ある事無い事、要る事要らん事、あれもこれもそれも(どれだよ)、喋ったような気がするのでメンバーの方々、忘れて下され、後生だから。結局、楽しかったのだが。何だよ。koalaちゃんが写真を送ってくれるそうなので、管理者の気に入れば(笑)、UP予定。



【7月19日(金)】

お仕事終了。最後の2日間に限って、ケーキの差し入れあり。ダイエット中の私は当然、口にはできなかったが、差し入れてくれた方には関係ない話しなので御礼はちゃんと言わなければならない。別にケーキ、好きじゃないから食べられなかった処で悔しくもないんだけど。周りが何やら気の毒そうに私を見るのだ。いいんだってば。説明するのも面倒くさいので残念そうな顔だけしといた。悪魔。同じ係りの子は、来週から寂しくなるぅと一応、持ち上げてくれていた(んだよな?)が、仕事から解放される私は心底嬉しい。帰宅したらこれまでの疲れがどっと出て身体が重いのなんの。ダイエットの所為もあるのかも。ただひたすら固形物が食いたい&眠い。



【7月18日(木)】

今日から48時間フルーツパワーダイエット開始。どうなることやら。経験者の友人は、「倒れるでぇ」と言っていたが、明日1日、仕事は残っているわけで、ここで倒れちゃ甚だ困った事になる。友人から、滅茶苦茶甘いジュースだと聞いていたのだが、飲んでみるとそんなことは無く、私には酸っぱく感じられる。250gの缶入りを1日4本飲まなければならず、空腹感よりも、さほどおいしくもないジュースをいやいや飲むという行為に、頭がクラクラする。出かける前に1本、お昼に1本、仕事から帰って1本と、この時点で本当は寝たい所だ。そこで睡眠欲に打ち克ち、10時頃に1本。明日もこれかと思ったら、暗澹とする。もう気持ちは オェ〜 である。



【7月13日(土)】

今夜は1人でTIME OVER を楽しむ、というか、やらなきゃいけない羽目になる。ビンゴも完成せず(だが、Wリーチで20ポイント獲得)、クイズで1問落とし(カンフーを漢字で書くと、という問題だった。功夫なんだそうな。そんなん、わしゃ知らん。ついでに言うと私は、カンフー映画が大嫌い。全く興味なし。)、ジャンケンゲームも勝てず。このジャンケンゲーム、あいこでも駄目で、最初に躓くと、そこでおしまいになるのだ。以上の結果、計300ポイント。ゲームを1人で乗り切れたのが収穫であった。が、同ポイントの先週のランクが252位だったので、今週も負け戦は確定。ま、しょうがない。


それよりも何よりも、朝までは何とも無かったエアコンから水が漏れ出し大慌て。某電機メーカーの修理受け付けにTELするも、2時間ほど全然繋がらず。やっと繋がったと思ったら東京の受け付けで、全国から転送されて来る電話全てに応対している事を知る。そりゃ時間かかるわな。結局明日、大阪の担当者から連絡を貰う事になったのだが、さて、今夜はエアコンなしで過ごす事になったわけで滅茶苦茶、憂鬱です!1ヶ月経ってもここが更新されていなかったら、私はあの世へ旅立ったのだと思って、某電機メーカーに抗議して下され。だからぁ、某ってどこよ。ヒントは霧ケ峰。

私の頭が仕事でテンバッテる間に、妖精が悪戯をしたようだ。(←の文章が頭に浮かんだ時点で、ちょっと眩暈がした。げほっげほっ)何が言いたいかというと、WOWOWのデコーダのリモコンが行方不明。家中にWANTEDの札を立てた処で無いものは見つからない。私の、ちょっとしかない灰色の脳細胞を働かせて推理してみると、どうやら、リモコンを揃えて置いているワゴンから落下し、すぐ隣のごみ箱に直行したようである。何も気付かず、ごみ箱からごみ袋へ最悪の旅をさせられたと思われる。無いと不便やん。問い合わせたら、送料込みで2800円+消費税。来週中には郵送されて来るはずだ。

ちゅらら到着。メイクはしてなかったけど、使ってみたら、なかなか良いじゃん。簡単なのも気に入った。これまで使っていた洗顔石鹸(百香草)とアクアスキンNO.1の合計金額よりちゅららの方が安い。けど、1ヶ月もつのか?

一体なんなのよ、この消費生活は。



【7月12日(金)】

職場の同じ係りの子と2人で、仕事帰りに食事に行く。彼女はバイクなので、私の自宅近くのお店にしようと言ってくれた。なんせ私は、歩きなもので。2時間くらい飲んだり食べたり喋ったり。ほぼ1ヶ月ぶりの外食で、楽しかったでござる。しかし、脚は棒。

*6月24日付のBreath でアトランタ五輪とあるのは、シドニー五輪の誤りだったので、訂正しました。



【7月11日(木)】

近年にないお腹まわりの贅肉の付き様で、こないだ買ったばっかりのパンツもキツキツになっている。入る服が確実に少なくなって来ておるのだ。アカン、これは酷すぎる。と言うわけで、前から気になっていた48時間フルーツパワーダイエットの購入を決心する。
SHOPチャンネルで紹介していたのを観た事があるので早速問い合わせてみたが、在庫切れで、次の入荷は8月になると言う。それまで待ってられるかい。ネットで検索して注文した。さて、どうなることか。物はついでに、友人から勧められていた(絶賛してましたよ)W洗顔不要のクレンジング"ちゅらら"も1本だけ試しに買って見ることにした。



【7月7日(日)】

色んな意味の息抜きというわけで、家主とパチンコへ行く。実は、仕事帰りにもちょくちょく寄ってたりするのよ。でも、お金もかかるし、あんまり遅くまで居る訳にも行かず、そこそこでストップして帰宅してるんだわ。え?当たり前ですかそうですか。

タッチアンサーズαはパスするも、ウィンブルドンの男子シングルファイナルなので早目に切り上げて帰宅。しかし、これもまた手に汗握るファイナルではなく、実にあっさりヒューイットの優勝が決まってしまう。今年は私的に忙しかった事もあるが、あまりのめり込むような事もなく、するすると通過して行ったウィンブルドンであった。次は全米が待っている。期待してますよ、選手の皆さん。



【7月6日(土)】

待ち遠しかった今日が来た。まず結果から。
残念ながらTOP100入りはならなかった。狙ってもなかなかできない、101位だったのだ。口惜しい。今日の成績はジャスト300ポイントで、初めての成績ダウンである。また1つの壁ができた感あり。一度で良いから最後のジャンケンゲーム、全問正解してみたいぞ。ふぅ〜、TIME OVER 賞金獲得への道 とかなんとか、レポが書けそうや。けど、私の周りでこれやってる人、知らん。会った事ない。K市に居るのかなぁ。
今週の獲得ポイントでは上位入賞は間違いなく困難。

ビッグネーム(サンプラスやアガシやサフィン等々)が格下の相手に不覚をとって次々とコートを去り、寂しい2週目になってしまったウィンブルドン。今日は女子シングルファイナルの日。ヒンギスもダベンポートも故障で出場してないし、全仏に引き続き今回もウィリアムズ姉妹の対決かと思っていたのだが、予想通りで拍子抜け。何故かと言えば、つまらないゲームになる可能性が高いから。2人とも素晴らしいプレーヤーではあるが、他の選手とのゲームはそこそこ面白いのに、2人の対戦になると精神的な何かが働くようで、イマイチの試合になるのだった。グランドスラムでのファイナルでは昨年の全米、つい先頃の全仏と今回が3度目になる。過去の2試合、つまらんかったもんなー。2人とも、私の好みのプレーヤーではないというのも原因かもしんない。私がテニスをTV観戦するようになってから、今ほどスイングの時に声を出すプレーヤーが多くいた事はない。殆どルールすれすれだ。
セレスが先鞭をつけたのかも知れない。グラフは決してそんな事はしなかった。あれって、所謂卑怯な手段なんじゃないか。ウィリアムズ姉妹もご多分に漏れずそうなのだけど、テニスのスタイル自体もあんまり好きじゃないんだよなぁ。嫌いって事はないんだけどね。どないやねん。
前の2つのゲーム(全米と全仏)程ひどくはなかったものの、エエ試合やったなぁ〜!と感嘆するほどのものでもなかった。結果は、全仏に続いて妹のセレナが勝利し、ウィリアムズ姉妹の天下は当分続きそうな予感。他の選手と比較すると、レベルが2ランク程違うような気がする。アリョーシャに本田クンが挑むようなものと言えば、わかってもらえるだろうか。
なぬ?余計わからん?それについては 勉強不足です と言わせてもらおう。あっあっ物を投げないで。



【7月1日(月)】

先週は一時的に増えた人数が今週から元に戻って総勢7人(+上司)の職場になった。

両面コピーができるようになってるなんて、知らなんだ。文明の利器は恐ろしい。
前に仕事した時、ソートにも驚いたけどさぁ。私がまだ若かりし頃のコピーと言えば、感光紙を一枚ずつ脇から入れ、30枚のコピーなんて言ったら、そりゃ、相当の時間がかかってたもんよ。引き合いに出すのもどうかと思うが、横井さんや小野田さんの気持ちが、少しだけわかる。嘘だけど。


HOME