(2003)
【11月30日(日)】

木曜日からGPシリーズ最終戦であるNHK杯が始まり、今日で終了した。今大会こそは、ティモシー・ゲーブル(USA)を打ち負かしてくれ!と願っていた本田君は怪我の為欠場。はぁ、残念。
NHKのアナウンサーは、

本田武史は怪我の為に休場です。

と言ってたぞ。関取かい。

今季の新採点システムは、ジャンプをミスっても(勿論、ミスしない方が良いに決まっているのだが)他のエレメンツでの加点が充分に反映されると思うので、本田君にもチャンスはあったんだがなぁ。確率は低いが、現世界チャンピオンのプルシェンコがコケた時にティムが優勝なんて事にならないように、本田君には頑張ってもらわないと。ワールド、ティムの勝利だけは断固阻止せよ。と言っておこう。

NHK杯の今年の開催地は、北海道は旭川。昨年は、京都アクアリーナでの開催だったので、初の生観戦を存分に楽しむ事ができたのだが、旭川は遠過ぎる。というわけで、生涯初めてのN杯完全TV観戦をしたのであるが、昨年と違って今年は、BS-hiと地上波の放送時間が重なるのである。もうちょっと巧い組み方はなかったのか、NHKよ。

★男子シングル

SPでトップに立ったティムを、今季好調のジェフリー・バトル(CAN)がフリーで逆転して、GPシリーズ初優勝。おめでとう、ジェフ君。
スケカナのフリーで観た時には、さほど感じなかったジェフ君のPGの良さに、ぐっと来る。サムソンとデリラテイクファイブも、上品で質の良いスケートをするジェフ君にピッタリの曲だと思う。ハンサム君で日本でも大人気(笑)。
ティムは、SP終了後に体調を崩し、覇気のないフリーになってしまった。今季のPGはクィーン・シンフォニーで、結構好きなんだけどな。あんなにジャンプの跳べない日も彼にはあるのだな。でもきっと、大きい試合には照準を合わせて来るんだろう。
会場の観客もTV観戦組も、一番驚いたのが、ソン・ガオ(CHN)のデキ。あれだけ気持ち良くジャンプを決めてくれたら、ファンでなくともスカッとする。
4T-3T/3A-3T/3F/3LzR/3A/2Lo/3S/2A のジャンプは、2つ目の3A-3Tをオ―バーターンした以外は、ランディングに難はあるものの、巧くこらえてほぼ完璧だったのでは?使ってる曲が仮面の男で、こちらとしては複雑な気持ちだが(笑)、彼もオリンピック・シーズンから使ってる曲だもんね。長野ワールドで観たから覚えてる。しかし、あの時に比べたら格段の成長ぶりだ。スピンや繋ぎのステップなどを磨いて下さいませ。観てるとヒヤヒヤするのだよ、危うくて;カップ・オブ・チャイナのSPトップ通過は、フロックじゃなかったんだね。GPシリーズ・初表彰台?おめでとう♪

さて、シーズンが始まる前に、この方がいらっしゃるというのでわざわざ大津にまで脚を運んで観に行ったPIWだったが、日本で唯一の国産アイスショウの常連ゲストであるアレクサンドル・アプト。怪我で調整ができていない所為もあろうか、他の要素点ではカバーできないくらいにジャンプが不安定。
SPでは3位に踏ん張っていただけに、惜しまれるフリーのデキだった。何が楽しみって、アプトのEXを待ちに待っていたんだから。4位以内に入らないと、EXには出られない。びぃ〜。
実は私が一番観たかったのが、ブライアン・ジュベール(FRA)のフリー。何故かと言えば、曲がマトリックスだから(笑)。コスチュームもネオ風で、左肩から下方へ例のモニター内を流れる緑の雨がデザインされている。どの曲を使っているのか興味津々で見入っていたけれど、肝心の演技が、う〜ん…。
トリノへ向けて、アリョーシャがサポートする事になっている選手でもあるし、昨年のスケアメで見せたSPのような滑りで、また興奮させて欲しい。GPファイナル出場もならなかったので、国内戦&ユーロ&ワールドで頑張れ!
生中継の弊害か、もう一人、私の観たかったゲオルゲ・チッパーさん(ROM)のSPが観れず(涙)。

女子シングル他は次回。



【11月25日(火)】

フィギュアスケートGPシリーズ前半戦ハイライトとスケカナ後半の放送で、特筆すべきは樋口さんの解説だった。わかり易い!02ワールドの頃は、男子しか観ていなかった為、その解説の力量まで思い至らず。ワイスの演技に「私は好きですけどね〜」と仰っていて、ぎゃん!と思った他諸々(笑)。あれ以来、気持ち的に引けておりましたが、否、またやって下さい、樋口さん!(ゲンキン) あの頃より数段、男らしくなられて(違)、大ファンになっちゃいましたよ。余談だが樋口さんは、某所でおねえと呼ばれている、強烈な個性をお持ちの男性である。


★アイスダンス

ODはナフカ/コストマロフ組に軍配、FDはデンコワ/スタビスキー組にやられました。いやぁ、いい!サラバンドは大好きなんで、見事にハマってしまった。そばに居た家主が「何がいいの?」と訊いたので、思わず声に出して「いいじゃん…」と言っていた事が判明。そろそろ私もヤキが廻って来たようである。マキシムのお髭がなくなってるのも良いかと(昨季は確かあったように記憶)。チャイト組、どうなんだろうか。ピエロを模したド派手な衣装に、あの濃いサフさん、コミカルな振り付け?も、なんか怖い(汗)。
今季のダンスは、新採点方式の恩恵か、振り付けが派手になっていて、特に目が離せないよ。デン/スタ組やチャイ/サフ組は、N杯にも出場するので、とにかく楽しみ♪

★男子

エマ君、うーん。某所で読んだあの発言はどこ行ったんだろうか。あれは、大会後なの?;;
タケシ!今季SPも大好きです。が、ルッツでこけて笑っている場合ではない。N杯で頑張ってくれ。と思ったら、欠場の情報が…。だとしたら、ファイナルは絶望ですな。普通に滑って普通に勝てる日が来るのか?;
ケビンは、快心のデキ?クワドや3Aなくても、クリーンな滑りは、ガッツボーズに値するんだよね。
アメリカの放送では(Lukaさん情報です)、バットン氏がコンビネーションジャンプを「トリプルートリプルートリプルです。すごいすごい」と絶賛した後、「世界で初めてです。プルシェンコは、4ー3ー3でしたからねぇ」と言ったとか…。
なんじゃいそれは。
プル君、3Aは封印?ランビエール君とのゴタゴタがあったFP・ニジンスキーだが、本当に調子悪そう。それでも勝ってしまう辺り、やはり現世界チャンピオンですな。付け入る隙はあるだろうに、誰も手出しできないんだから。

スケカナを観たら、スケアメの記憶が遠くなってしまった(笑)。

アリョーシャの引退セレモニーの様子を全部ではないものの、放送してくれたNHKに感謝。ファンのお願いメールは、効果絶大だったようだ。大事な放送を3倍モードで録画してしまったアホ(つまりは私)の為に、再放送を是非ぜひ!!



【11月23日(日)】

昨夜、NHK-BS1で放送されたフィギュア・スケートGPシリーズ、スケート・カナダ(通称:スケカナ)を観た感想。
いやぁ、予想よりずっと面白かった。ちょっと、高くくってたわ(^^;
アリョーシャもチラッと映ったけど、なんでボーンのアップの方が長いのか?
それから、ミーシンがいた(笑)。当然なんだが。

★ペアSP&FP

トップで出て来たトットミアニーナ&マリニン(RUS)――通称:トトマリ――にびっくり。一瞬、誰?状態。考えてみたら、ペアのSPって、気入れて観た事ないわ。パガニーニをトトマリ?と2度びっくり。私の知らない世界だった。ザゴルスカ&シュデク(POL)、表彰台が決まって、とっても嬉しそうだったなぁ…。現世界チャンピオンのシェン&ツァオ(CHN)、滑り込んで下さい、そして又、魅せて下さい!(祈)

★女子SP

荒川さん、最後のポーズは、傘さしてるの?(笑)
シェルブールかぁ…。ドヌーブがぁドヌーブがぁ(以下略)。
由希奈ちゃんは、録画ストップして、巻き戻して観たかったくらい。定評のある手の動きや、見栄の切り方など、すんばらすぃ。N杯が増々楽しみに。
セバスチャン(HUN)のSPが観たかったなーー!

★女子FP

荒川さんは、ノーミスだったらサーシャ(USA)よりずっと良いんじゃないのか?(贔屓目か)
スタオベだったわ〜。お見事!
サーシャはコンボ1つも入らなくて、どしたんだ;;
それでも勝ってしまうのね。SPの貯金だけじゃないのかも。
ラリックの表彰式でガムを噛んでたと言う話だったけど、ここでもやってた。やめれ。
セバスチャンのタンゴ、かっこいい!赤が似合う子だ。今季もモロゾフのPGなんだね。ストレートラインのステップ、せめて逆サイドのカメラアングルで観たかったぞ。
松岡きっこに似ていると言われていたが(どこでだ)似てるのか?(汗)
しかも松岡きっこって、あーた。そのボキャに驚くじゃないか。

男子とダンスは明日放送。



【11月18日(火)】

もう何日も前から、盛岡レポをせっせとタイピングしているのだが、アカン、全然進まん。PIW直後の引退声明に打ちのめされ、ぽっかりと記憶に空洞ができたような感じなのだ。初めてLIVEで経験したアリョーシャの滑りを、記録に残さずしてどうするのだ…とは思うものの、衝撃が大き過ぎた。タイミングが悪過ぎじゃ。

NHK-BS1で放送されたtrance world sportで、アリョーシャの引退が伝えられたというので、再放送を録画する。"くるみ(割り人形)"――01-02シーズンのショート・プログラム―の練習風景や、インタビューの場面などが2分間流れた。私は初めて観る映像だったのだが、昔からのアリョーシャファンに聞くところに拠ると、00年頃に同じくNHK-BSで "氷上の反逆児"と題して放送された映像の使い回しだと言う事がわかった。コメントだけ変えて放送したのだと。やりやがったな、NHK。そのコメントが本当に酷いのよ〜〜。あれじゃ何も知らない人は、アレクセイ・ヤグディンって、アル中?って思うぞ、絶対。そんな奴が、オリンピックで優勝したりしない!
ただ、trance world sportという番組、海外の放送局から丸ごと買い受けて流している可能性が大なので、編集の罪はNHKにはないのかも知れない。

ATP TENNIS MASTERS CUP 2003 (HOUSTON)のファイナルを観る為に、睡眠時間帯を調整して備える。勝てば13年振りの覇者となる我らがアンドレ・アガシ(USA)と、今年の全米オープン前に、ついに引退を決意したサンプラスの再来と言われているウィンブルドンの覇者ロジャー・フェデラー(SUI) の一騎打ち(シングルなので当たり前)。
序盤からフェデラーのペースで試合は進み、第1セットは1ブレイクアップの6‐3で、雨で中断した第2セットはなんと、6‐0でフェデラーが制す。アガシが踏ん張るかと思われた第3セットも先にブレイクを許し結局、セットカウント3‐0でフェデラーがマスターズカップ初優勝。
敗れはしたものの、33歳のアガシの頑張りには、拍手を送りたい。今大会の顔ぶれをみても、20代前半の選手が多い中、この年で上位にランクされるなんて、信じ難い事である。一方、いつ花咲くかと言われ続けてはや数年のフェデラー、今年のウィンブルドンのタイトルは、彼を一周りも二周りも大きくした模様。相手コートの右奥深く突き刺さるバックのダウン・ザ・ラインは見事なものである。美しくて見惚れるほどだ。アガシを比較的苦手な相手としていた対戦成績も、あの勝利の前には何も語る資格などない。欲を言えば、余りにも強過ぎて一時の北の湖状態(つまり、憎らしいほどに強い)にならないようにお願い。3-1ぐらいの試合を期待していた当方の我侭ではあるが。

以上、スポーツ2題、お届けしました。
わからん人は置いて行く。




【11月14日(金)】

LINK FRIENDS 1件追加
振り上げた拳の下ろし場所

先週、待望のTHE MATRIX REVOLUTIONSが公開された。早く観に行きたいのだが、フィギュア・スケートはシーズン・インしているし、一昨日からは、ATP TENNIS MASTERS CUP 2003 (HOUSTON)が始まってしまったので、身動きが取れない。テニスの方は、今夜から放映時間6時間以上(昨夜までは、4時間ちょいだった)の長丁場になるのだ。
GAORAなので、時間延長どんどんしてくれて嬉しい悲鳴である。WCバレーは、なみはや3連敗が濃厚なので(結構な観客の数に驚いた)、行くのをやめたのだが、正解だった。ブラジル・キューバ・中国だものなぁ…。どう考えても今回、アテネ行きを決めようと目論むのに無理があると私は思うが。
私は別に、日本が勝つのを観たいわけではなく、良い試合を観たいに過ぎないのだが、日本チームが攻勢の時とそうで無いときの観客の反応が極端に違うので、ヤなのだ。一番嫌なのは、生観戦すると、そうなってしまう自分がいるからなんだが(^^;
なんか、恥ずかしくないっすか?

さて、テニス。
1つのダブル・フォルトから、フェレロは勝てる試合を落としてしまった。あれがなければアガシは、浮上する事無く、フェレロが逃げ切っていたに違いない。この試合はビデオ録画したので、後でじっくり観なければなるまい。立ち上がりのアガシってば、全然良くなくて、フェレロにウィナー取られっぱなしで、ボール追いかける事さえ余りしなかった。途中で、自分のプレイに苛立って、ラケットで足をぶっ叩いたら、フレームが曲がった!すげぇ(絶句)。こんな事、近年のアガシにはない事だったので、余計にびっくりしたのだった。
結局アガシが勝って、決勝ラウンド進出への望みを繋いだが、フェレロは予選ラウンドでの敗退が決定した。昨日の負けっぷりが良過ぎたよ。つーか、酷かった;; 全仏の覇者がナルバンディアンに負けるなんて(涙)。ナルバンディアンも侮れないけどさぁ、フェレロだよ〜。まさかねぇ。。。今年のマスターズ・カップが何だか寂しく感じるのは、昨年の上海大会の盛り上りが凄かったのと、ヒューイットがいない事だ。決して好みの選手ではないけれど、彼のテニスは見応えあるからな。あの、ファイティング・スピリットは、大したものである。来年は戻って来いよっ。

MATRIXは、来月まで無理かも知れないな。いや、絶対無理だ。外出している暇がない、ない!



【11月08日(土)】

アリョーシャのアマ引退は、予想以上に堪えていて、物事に夢中になるか、何もしないでボーっと過ごすかという、二者択一の生活が続いている。
なに、前からずっとそうじゃないかとな?うん、そうかも知れん(素直な私)。


アリョーシャはいなくても、フィギュアスケートはシーズン・インしている。7日金曜日、今季初のGPシリーズである、スケート・アメリカ(通称:スケアメ)が日本で放映された。数日前に、GPシリーズへの招待という番組があり、そこでちょっとだけスケアメの映像が流れたのだが、相変わらずサーシャは、スピンでよろけ……そうになっていてヒヤッとした。荒川さんの今季FPは、トゥーランドットで、これはもうフィギュアではお馴染みの楽曲である(ラフマニノフも非常に多く使われる)。
今夜は、女子シングルとペアの放送だった。スコット/デュレボン(USA)組のFPの曲はレ・ミゼで、スロウバートになると、島田歌穂の顔が浮かんで来て困った(笑)。中国ペアは、シェン/ツァオ組じゃなくても、技は凄いな。あの、ツイスト・リフトには度肝を抜かれる。

女子では、サーシャの総合力に驚かされるが、サーっと伸びたスパイラルの脚を、NHKの鳥海アナは垂直です、と言っているのに、八木沼さんが80度ですね、と返していたのがおもろかった(笑)。

今季初のGP大会ということもあり、仕上がりというか滑り込みはまだまだだろうが、ファイナルまで皆さん、お怪我のないように。早くもランビエール君は怪我でスケカナ(スケート・カナダ)棄権してるし;; NHK杯はメンバーが豪華だし、完全中継なので、みんな元気で来るように!!

水曜日深夜の"マシュー"での事。
ゲストはモー娘。のよっすぃーこと吉澤ひとみであった。ニックネームのついたアーチスト特集コーナーで吉澤は、本名に全然かかっていないという理由で、坂本龍一を上げていた。つまり、教授っす。坂本の映像が流れると吉澤は、

ピアノ上手いですよね〜

見ないで弾いてるもん

と暴言を吐いていた。坂本龍一を、いったい何だと思っているのだろうか。
あ、私は別に彼のファンでもなんでもないので、念の為。



【11月03日(月)】

BOOKS ナンシー関 少しだけ追記

土曜日からフジTV系列で中継されているWCバレーだが、あのNEWSとやらは、何とかならんのか。
世界柔道の藤原何某しかり、フジのやるスポーツ中継は、尋常ではない。不要な事が多過ぎる。つまらないキャッチフレーズつけたりなんかして。
パワフル・加奈だっけ?パワフルかな?って、訊かれてると思ったよ。嘘だけど。プリンセス・メグだとぉ?プリンセスだよプリンセス!恥ずかしいぞ。

そんな中、日曜日夕方のアメリカvsアルゼンチンを観終わった後の川合俊一の発言に爆笑。201cmのエースがいるアメリカチームを称して、

でかすぎだよ!

って、お前が言うな。バレーボールも階級別(つまり身長別という意)にしろ、とかも言ってた。面白過ぎるやんか。益子も大林も要らんから、川合を出してくれ。少なくとも笑えるから(笑)。



【10月31日(金)】

★サイトのリニュが終わっていないので、深夜にコツコツと作業するものの、全然巧く行かず、頭がこんがらがって来た。肩は凝るわ眼はチカチカするわで披露困憊。もうお手上げ。フレーム組み直しからやらなきゃいけないのか?うぉ〜ん、殺生や;;
どんだけ時間があっても足りないぞ。どうする?眠いから寝るけどさ(寝るんかい!)。

★城ホールのリバーダンスは、気付くのが直前過ぎて諦めたけど、1日から始まるWCバレーは、なみはやドームで13日からの試合が予定されている!行こか行くまいか悩み所である。近いしなぁ、行きたいがなぁ。1人で行ってもつまらんしなぁ。チケットはあるのか?;チェックせねば。。。

★TVを観ていると、VTRで流れた内容をMCが反復してパネラーなんかに伝えたりする事があるのだが、えーーー!と驚くアホがおる。そうかと思えば、視聴者は勿論のこと、パネラーにも見える位置に、大きな文字で書いてある内容なのに、鬼の首をとったように喋るヤツとか。○ち○み、お前のことや。昔、深夜の関西ローカルのクイズ番組に出ていた彼女の妹は、真性のアホであった。びっくりした。毎度毎度、爆笑させて貰ったものだ。元気でいるのか。

★手元にあるメモを見るとそこには、210、69、100の3つの数字が…。なんのこっちゃさっぱり(^_^; 私のスリーサイズでない事だけは確かだが;ドラえもんのBWHは129.3、129.3、129.3 だっけ?
とうとうドラえもんまで出てきてしまった(号泣)。

マジでそろそろ寝た方が良さそうだ。



【10月30日(木)】

行って来ました、"盛岡まつり"。
2日で4公演を観ると言う過密スケジュールで、帰って来たら、身体の節々が痛かった;
当初の予定では、帰りの飛行機の時間から考えて3公演しか観るのは無理だろと思っていたのだが、行って観るとアリョーシャのプログラムが余りにも素晴らしく、どうしても最後まで観たくなってしまったのだった。新幹線やバスを諦め、少し高くつくが、空港までの足をタクシーに決定(時間や料金は前日にリサーチ済み)し、結局、最終公演まで観届ける事になった。

盛岡での色々は、後日、別ページにUP予定。

帰阪して次の日、アリョーシャのアマ引退の一報がネットを駆け巡った。ホークス日本一の感激も吹き飛ばすほどの衝撃。

昨年のスケート・アメリカでフリー演技の前に棄権をしてから約1年。いつかこういう日が来るだろうと覚悟はしていたものの、いざ現実にそうなってみると、本当に残念で涙が止まらない。身体的な事を考えると、もう競技者で有り続ける事は、無理なんだよね。将来のことなんかどうでもいい、身体がボロボロになってもアマでいて!と言うのは、酷だ。

コンペで滑る彼の姿を生で観る事は叶わなかったが、アマチュア最後の氷上の姿を、日本のファンに観せてくれた事に、心から感謝したいと思う。
盛岡、行って良かったよ。プロに転向した後も、ずっとずっと観てるからね。大好きだよ!
ありがとう&お疲れ様でした。





尚、正式発表は、来月の1日に予定されている。



【10月23日(木)】

"少しお休み"と言いながら、長期間のサボり、お許しを。また、シラーっと始めたく思っています。
だがしかし、この週末、SLCO(ソルトレークシティ・オリンピック)以降、私の希望の星となったあの方が、来日されますです(笑)。なので、盛岡(!)行ってまいります。なんで盛岡?とお思いかも知れませんが、彼が盛岡に来るんだからしょうがないじゃないですか。私の責任ではありません。念願が叶うということは、なんと嬉しいことでありましょうか。できれば写真の一枚でもお土産に…とは思うものの、どうなります事やら。

Low Heel には見向きもしなかった間に、ホークスはリーグ優勝し、只今、日本シリーズの真っ最中。決着は週末にもつれ込む可能性大!の中、後ろ髪をひかれながら(後ろ指をさされながらの間違いって?;;)私は盛岡に向けて、旅立つのです、至福の時を過ごす為に。しめしめ。

見栄えのしない、イマイチなTOPですが、これでも時間はかかっておるのです(汗)。あら探しはやめようね、そこのあなた。

お断りしておきますが、何も更新はされていません(爆)。それから、BBSのURLが変更になっていますので、そちらから来られる方は、宜しくです。


HOME