(2005)
【11月8日(火)】

先日の仕事帰り、地下鉄の入り口で貰ったばかりの美容院のチラシを見ながら地下への階段を降りていたら踏み外してしまい5,6段を前のめりに落下。前のめりに落下?なんか変だが、そういう事。まるで落ちのユルいコントの様だった。どういう格好で落ちたのか、あんまり記憶が定かじゃない。
おかげで、身体の節々の痛みが数日続き、脚は青痣と擦り傷だらけ。息子に見せたら、骨折しなかったのが不思議だと言われた。あー、痛かった。


シーズンに入ってしまったので、フィギュアスケート話。興味無い方、ご愁傷様です。



グランプリシリーズ(以下GPS)の初戦、スケートアメリカで、我等が期待の星・高橋大輔が優勝!めでたい!まっことめでたい!!旬は過ぎてしまった(先月の事)が、記念に残しておかなきゃと。


昨季、悪夢のモスクワワールドから7ヶ月余り、トレーニングの為にアメリカ行ったりポルトガル行ったりしてたのはチラホラと漏れ聞こえていたのだが、ポルトガル???何しに?????と、疑問符がいくつも頭から湧き出るような謎の行動。アメリカには振り付けを依頼したモロゾフ氏がおり、一緒にトレーニングしている事は容易に推測可能なわけだが、ショート・プログラム(以下SP)がタンゴなので、それでかなぁとか無理矢理関連付けたり…。しかし、ポルトガルとタンゴ、全く関係なし、多分。
NHKのニュースで謎が解けた。陸トレのコーチ、カルロス・アビラデボルバさんがポルトガル人で、そこ、行ってたんだと。プログラムの後半に崩れる昨季の反省から、氷上8 / 陸上2だったトレーニングの比率を、氷上5弱 / 陸上 5強にして、体力不足解消を目指していたわけだ。見事、実りましたわ。動画、TV放送両方で観ると、身体のキレが素晴らしい。プログラムを楽しんで滑っているのが良く判る。曲を聴くだけで吐き気を覚えたと本人が言っていた昨季の"剣の舞"とはエライ違いだ。
SPは、ダイスケの本来の魅力が滲み出ている。ジャッジに送る目力で0.5ポイントほどプラスされたんじゃないかと思うほどの視線の配り方や、タンゴに必要な色香。3Aはミスったが、それを忘れさせるほどだった。フリーのラフマニは、ピアノの音を的確に捉えており、完全に曲と一体となって滑っていた。こちらも4Tのランディング以外は目立ったミスなく高得点、パーソナル・ベストを叩き出したのである。あぁ、やっとダイスケが観せてくれた、これを待ってたんだよ〜〜〜と感涙。五輪シーズンの為、余りの仕上がりの速さに少し不安なくらいだ。このまま好調を維持できるかどうか。だが、トリノへは1人しか行けないわけだから、先ずは出場権を獲得しないと話にならない。一度調子を落として、来月のNHK杯までに戻す予定と、現在はアメリカでトレーニング中である。

残るはNHK杯、GPSのポイント獲得上位者で争われるグランプリファイナル、それからクリスマス前の全日本でトリノへの切符が誰に手渡されるのか決定する。
取り敢えず、NHK杯と全日本は観戦予定である。N杯は大阪、全日本は東京・代々木で開催される。全日本の後のメダリスト・オン・アイスまで観る予定なので、観戦歴代初の2泊の予定で来月、東京へ行く。大出費(泣)。


【10月8日(土)】

6月の北海道旅行の事を今頃…である。

名所・旧跡に大して興味の無い私の旅行の楽しみは、"食"に少しだけ、一番は"ホテル"に泊まる事だったりする(1人だったらもっと良かったが)。旅館は嫌なんである。知らない人に部屋に入られるのが堪らなくイヤ。しかし、どこに泊まったのか覚えとらん;;もう、3ヶ月以上前の事だもん、覚えてられるか。自分の所為なのに逆切れである。

うちだけかも知れんが、私ら夫婦の年代で旅行する時は、景色を眺めてくつろぐなんて無理なんだ。
"動くもの"が必須!!
函館の夜景を観た時も、長い坂道歩かされた疲れと怒りで感動する余裕なんて皆無だったし(電車オタクのオヤジが市電に乗りたいばっかりに、タクシーでロープウェイ乗り場まで行こうという私の意見は却下された。ブツブツフーフー言いながら歩を進める私に向かって、帰りにタクシー乗ったらエエやんと言いやがった。乗って下ってどうするのだ)。そもそも、夜景に感動するなぞ、私にはできない芸当だ。純粋じゃないと罵られようが知ったことか。それより、TVでハシビロコウの生態を観る方が面白いと思うんだから、しょうがないじゃん。滅多に動かないけどな、ハシビロコウ(笑)。
夕暮れの小樽もなぁ…。静か過ぎて落ち着かないんだよなぁ。有名人御用達のアイスクリームのお店もあったけど、アイス食べないし…。ソフトクリームも要らんっつーの。いや、決して悪くはないのよ(そうか?)。でも、時間つぶしに入ったパチンコで勝った事の方が印象深いって、どうよこれ。パチンコは動く。動かいでか。
え?駄目人間ですかそうですか。

何が楽しかったんだか。暑いし、札幌。それでも君は北海道か!っつーぐらい、マジ暑かったんすよ。30℃を超えようかという日の太陽の下、北大の広いキャンバスの中を歩くあるく。そこにあるとばかり思っていたクラーク博士の銅像は、羊ヶ丘展望台にあると初めて知り(はよ言えよオヤジ)、地下鉄とタクシーで写真を撮りたいが為だけに行く。帰りにタクシーの中で運転手さんに、羊ヶ丘展望台って、昔は羊がいたからですか?と訊くと、「…いや、今も居ましたけど?」と言われて絶句&赤っ恥。全然見えてなかった。ついでに札幌ドームにまわって貰い、ここでもパチリ、2ショを運転手さんにお願いして撮って貰う。ドームの見学ツアーがあると教えてくれたのだが、中は見なくていいんです、日ハムのファンじゃないんで…と、地元の人に対して言わなくてもいい失礼な発言をして帰って来た。


結論。
ロイズの生チョコと"欅(けやき)"のラーメンは美味かった。
以上、北海道話終了。


あ、今日は息子の誕生日だ。
帰って来ておりませんが、何処に?


【7月25日(月)】

地下鉄で、若い女性の3人組が話している。
1人は子連れである。そのママさんが、後の2人に自分の手首の傷について説明している。万能調理器で誤って傷付けた事を、つまりリストカットなんかではない事を説明しているのである。それはそれで良いのだが、メインの傷とは別に、かすり傷程度のものまで、痕が残って消えないのだとか。もしリストカット実行した人の場合は、そんな傷のことをあやまち傷と呼ぶのだと母親から教えられたと話しているではないか!

へ?そ、そうなのか?;;
ためらい傷なら聞いた事あるが、あやまち傷なんて初耳じゃ。

と、心ん中で焦り始める私(何故焦る;)。
聞かされた2人の女性も、へぇー、そうなんやぁって。おいおい、マジっすか?

検索してみたけど、それらしきものにヒットせずでおます。あるの、そんなの?


【7月07日(木)】

ウィンブルドンも終了。
フェデラーが強過ぎて、男子のファイナルはつまらんかったなぁ。もう少しロディック、頑張ってくれにゃぁ。。。それに比べれば女子のファイナルは良いゲームであった。深夜に一人大騒ぎした私。
けどさぁ、ヴィーナス、はしゃぎ過ぎです、あんた。それは多分、私がダベンポートのファンだからだわな。第2セットで決めておくべきだったよね、リンジー()。それにしても何て不運な…。腰の故障がなければ結果は違っていたかも。残る全米のタイトルに向けて、もうひと踏ん張りして下さいませ。

NHKに物申す。
なんだあの放送試合のチョイスの仕方は。
そんなにいいかシャラポワが。
今までついて来たテニスファンを泣かせてまで視聴率が取りたいか。ざけんなよ。
いくつも電波あるんなら、違う試合を流さんかい。一緒のやってどうする。頭悪過ぎ。近年、稀にみる酷さであった。

観ていない皆様のために。
いいですか、シャラポワの試合は、全試合放送され(しかも、BS-hiと地上波で)、今、日本で大人気のサフィンの試合は、1つも流れなかったのですよ。大人気って、私の贔屓目でせうか?いんや、岩佐さんのblog読んでも、サフィンの話題の時のレスの数は抜きん出てる。

女子の4回戦、一番のカードと思われたクライシュテルスv.s.ダベンポートも放送なし。
男子QFのグロージャンv.s.ロディックも。
これが怒らずにいられようか。Mさんは、投書すると言っておった(笑)。うん、当然です。私もしたいが、面倒くさい(えっ???)。

来年の放送に向けて、猛省を促したい。


--------------------

先日、北海道へ行って来た。
ちょびっとですが、写真の取り込みが未だに出来ていない為、この話は次回に。

HOME