./img/tlu.gif   ./img/tru.gif
 

狂乱の2日間 〜 新横浜 〜(All Japan Medalists On Ice With Alexei Yagudin,




早くUPしないと忘れてしまうと思いながら、なかなかPCの前にじっくりと座っていられる時間がなくて延び延びになっていた。友人からも同じ事を言われて、図星だ〜と冷や汗かいたり。しかしながら、昨年のロロショウや、初めての生アリョーシャを観た盛岡PIWにしても、ショウの感想は、私にとってなかなかに手強いのである。 コンペの方がどれだけ楽か。だが、泣き言を並べてみたところで何の慰めにもならない。行ってみようか。



Part 1

久々の新大阪。nishinoさんyokoちゃん(nishinoさんのお嬢さん)と私の3人で、お弁当選びから始まって(某所で話題の八角弁当は売り切れ)新幹線に乗り込むまで、普通の旅気分である。私は盛岡の時よりはマシだったが、それでも寝不足には違いない、どことなく浮ついた感じ(笑)。新横浜のホテルにチェックインを済ませ、少し休憩したあと、徒歩で会場へ向かう。この日は撮れなかったが次の日に撮影した会場が左の写真。

今クールのフジの月9ドラマを撮影している場所でもあるらしい。会場近くのコンビニ前で、あれ?今の恩田さん!?と現地で一緒になったRieさんが呟く。え?恩ちゃんは、全日本では確か4位だったはず。恩ちゃんも出るの?なんで???疑・疑・疑。


この日の公演はスーパーアリーナ席が獲れなくて、2階のS席。アリョーシャがどのプロ(グラム)を披露してくれるのか、ワクワクしながら待つ事に。直前のフランスのショウでは、Feelings と Racing を滑ったらしいので、コスチュームもそのまま日本入りしているのなら、それと同じかも知れないと友人と予想していたのだが、見事に裏切ってくれた、しかも嬉しい方に(笑)。私は、盛岡で見た Memorial (メモリアル)が大好きなので、そっちを滑って欲しかったのだ。


MOI(メダリスト・オン・アイス)と銘打っているからには、全日本のシニアやジュニアのメダリストだけが参加しているのかと思っていたら、オープニングで続々と出てくるではないか!それで恩ちゃんもいたんだ。しかし、残念なことに村主さんが急病のために欠場というアナウンスが流れる。タケシ(本田クン)が負傷で欠場した今年のシニア男子、この上、ダイスケが3位以内に入らなかったらどうしようと、ドキドキしながら実況スレを追っていた私はアホだった。表彰台に上がれなくても、年末EXには参加できるんだ。初めてなので知らんかったのよ。でも、オープニングに出て来たダイスケのコスチュームはラリック(GPシリーズ・フランス大会)の写真で観たEXのもの。私はSPのNyahが観たかったんだよ〜(涙)。ついでにタケシのロミジュリも観たかったぞー!

出演者は以下の通り。


第1部

高山 睦美 (ノービス)
無良 崇人 (ノービス)
北村 明子 (ジュニア強化選手)
小林 宏一 (ジュニア特別強化選手)
武田 奈也 (ジュニア強化選手)
前川 忠儀 (ジュニア強化選手)
浅田 真央 (ジュニア特別強化選手)
南里 康晴 (ジュニア強化選手)
澤田 亜紀 (ジュニア特別強化選手)
織田 信成 (ジュニア特別強化選手)
浅田  舞 (ジュニア特別強化選手)
田村 岳人 (シニア特別強化選手)
安藤 美姫 (シニア強化選手・ジュニア特別強化選手)
アレクセイ・ヤグディン

東京女子体育大学クラブ(シンクロ)

(ノービスの二人:フィナーレ時)

(グランド・フィナーレの様子:前列はシンクロチーム)
第2部

中野 友加里 (シニア特別強化選手)
太田 由希奈 (シニア特別強化選手)
都築 奈加子・宮本 賢二 (アイスダンス特別強化選手)恩田 美栄 (シニア特別強化選手)
高橋 大輔 (シニア特別強化選手)
荒川 静香 (シニア特別強化選手)
岸本 一美 (ジュニア特別強化選手)
渡辺 心・木戸 章之 (アイスダンス特別強化選手)
田村 岳人
安藤 美姫
アレクセイ・ヤグディン

グランド・フィナーレ



…………………………。
ショウの内容については、あちらこちらで素ン晴らしいレポや、これまた素ン晴らしい写真の数々が上がっているので、そちらを参照;;(スマソ)

この日のアリョーシャについて少し。
スケカナEXの引退セレモニーでお披露目となった新しいコスチュームのMemorial だったが、やっぱりジャンプ入れるのね…。盛岡で観た、ジャンプなしの方が私は好きなんだけどね。内に秘めた情熱をひしと感じる事ができるプロ(グラム)で、鬼気迫るアリョーシャのスケーティングを堪能できたもの。ついでに、コスチュームもあの時の方が良かった…。身体のラインがはっきりとわかる薄手のコス(爆)。ちょっと餅入ってて(彼のウェイトが増えた事を一部の日本のファンは、こう表現する)、着れなかった?;;そして、見慣れた赤いコスではなく、黒の半袖Tに銀色?の羽根がプリントされたコスで滑った2つ目のプロ、TVでしか観たことなかったRacing に感激。2階席ながらも大興奮。アホや(笑)。




ショウが終わると、出待ちする人もいたけれど、知り合いの中には、この後開かれる日本スケ連主催の壮行会に出席する人もいたので、私達一行は早々にホテルへ戻った。友人・知人らとロビーで談笑していたら、何やら騒々しい。もしや…と思って、みんなでエレベーターホールへ走ると、人垣ができている。その向こうには、見覚えのあるブロンドが…(笑)。
アリョーシャだーーーーーーー!!!!カメラカメラと、慌ててバッグから取り出して構えた時、一瞬彼と目が合ってしまった。ひゃーーー、こ、こ、怖い!怖いのよ…。めちゃくちゃ怖い。思えば、長野ワールドのSPを滑り終え、タラソワコーチの元へ向かうアリョーシャの視線が一瞬だけTVカメラに向けられるのだが、それを観て、おーーこわぁーーーと言ってたのは、私である。あの時の視線を思い出してしまった。ごめんよアリョーシャ、無言でカメラ向けたりして。とーーっても失礼だよね。それは充々承知してるんだよぉ。でもね、もうこんな近距離で会える事はないだろうから、ごめんなさい。許して〜!と心で呟きながら、夢中でシャッターを切っていた。その写真が↓これだ。

スケ連の方かIMG東京の方かわらかないが、御付きの男性と話している声が漏れ聞こえる。勿論英語だ。…many people…だけ聞き取れた(笑)。エレベーターがやって来るとサッサと乗り込んだアリョーシャ。しかし、誰も後に続こうとしないので、エレベーターの中から大きな声で、

All for You !!

とひと声発すると、取り巻いていたファンは一斉にエレベーターに乗り込んだのだった。私?私は畏れ多くて、足が動かなかったわ;; 箱の中では、アリョーシャの周りに少し空間ができていたらしいっす(笑)。やっぱりねー。密着するのは申し訳ないよね。 
私も充分失礼だったが。



 
./img/tls.gif NEXT) ./img/trs.gif