./img/tlu.gif   ./img/tru.gif
 

狂乱の2日間 〜 新横浜 〜(All Japan Medalists On Ice With Alexei Yagudin,



Part 3

2日目。風は強いが良い天気。何とか寝坊もせずに起き、シャワーを浴びて身支度を整える。一人暮らしっていいなぁ…とか考えながら、昨夜の内に買っておいた缶コーヒーを朝食代わりに、チェックアウトまでの時間をゆったり過ごし、Rieさんと1階まで降りて行く。スケートを観る為に遠出していつも思う事は、周囲の人々が皆、自分と同じ目的でこの場所にいるかのように見える事だ。エレベーターで乗り合わせた人々もスケートリンクへ行くのだと。んなわけはないのに。
フロントには既に長い列が出来ていて、その中にnishinoさん達もいた(っけ?;)。ちゃちゃっと精算を済ませ、駅のコインロッカーに荷物を放り込み、リンクへ向かう。ここももう既に行列が出来ていた。コンサート会場などでも同じような状況であったりする。指定席なのに何故?と思う。不思議だ。

本日1回目の公演は、待望のアリーナ席で観られるので、私達4人は有頂天。というのも、昨日のショウの最中に確認したのだが、フィナーレでのアリョーシャの立ち位置が、私達4人のすぐ前――かも知れない!――とわかったからだ。会場に入って真っ先に座席位置を確かめると、予期した通りだった。



アリーナ席で観る初めてのアリョーシャ。彼のスケーティングで風を感じる事ができるなんて、何者にも代えがたい至福の時。頭を空っぽにして魅入ってしまう。数分の時間など、本当にあっという間だ。これがテニスならなぁ…(苦笑)。

 今日のアリョーシャは、観客以上に弾けていた模様(笑)。Memorial は、普通に素敵。異常な盛り上がりを見せたのが Raacing であった。通常、スピンの箇所で客席乱入(画像参照・ぼけぼけですが…)、周囲はもう
パニックさ!(爆) 遠く離れた席の私達も一緒に騒いでたような記憶が…;;


アマチュア時代のアリョーシャを全て知ってるわけではないが、
こういう事したの、初めてじゃない?少なくとも、私は観たことないや。
君、プロになったんだねぇ…と、何故かしみじみとしてしまった。
寂しさもちょこっと。



すっ飛ばしてフィナーレの様子(爆)。来たよきたよ、目の前に〜〜〜〜〜!!!!!夢みたいだ。
私達の正面に、彼の背中がある。手を伸ばせば確実に届くであろう近距離に。
うーむ、興奮(笑)。
って、盛岡では、握手とサインをゲットしておきながら…おまけに、リンクに落ちたサインペンを拾う為にしゃがんだアリョーシャの、フェンスに置いた左手甲を思わずなでなでしてしまったのは私;;;;アホ。

と、アリョーシャは何を思ったか、私達4人の座席から2つか3つ離れたところにぽつねんと空いていた椅子に腰掛けた!うわっ!っと、又その辺一帯は
パニック状態に突入(笑)。足がもつれながらも一応タッチ(なんでや)。
なんか異常なファン心理である。この歳になって、こんな思いをしようとは…。
それにしても落ち着きのないヤツだ(笑)。知ってたけどね;




私達の前には、彼の他にも田村君や岸本君やダイスケがいたんだけど、あんまり目に入ってない;そうなんだよな、いたんだよ、ダイスケが!!!!一応、写真はある。例によって例のごとくではあるが。まだこの時はEXのPGのコスなんだよね…。
しか〜し!しかしだ、次の回、つまり最後のショウで嬉しい事が…。





さて、この日は荒川静香(以下:しーちゃん)のバースデーで、ショウの終了後に、ちょっとしたセレモニーが行われた。大きなケーキがリンクの上に登場し、会場全体で♪ハッピーバースデーの歌を大合唱した後、アリョーシャからの花束&HUGのプレゼント!会場内のファンだけでなく、日本選手達も何やら羨ましげな表情だったような気が…; しーちゃんは、ケーキのろうそくを吹き消した後、ペロッと苺を1個、頬張っていたようだ(笑)。あれ、全部1人で食べたのかな(おい)。

    

因みに私は、休憩タイムの時に、朝食代わりに肉まん食った。どこに行っても食い意地だけは。。。だって、缶コーヒーだけなんて、可哀想すぎるだろうが。誰も知ったこっちゃないわな、ごもっとも。


 
./img/tls.gif NEXT) ./img/trs.gif