《 黙秘 》

Dolores Claiborne

1995年アメリカ映画。

出演:キャシー・ベイツ ジェニファー・ジェイソン・リー クリストファー・プラマー他

監督:テーラー・ハックフォード

ニューヨークで雑誌記者として働くセリーナの元に、

今は疎遠になっている母ドロレスが殺人容疑で拘留されたという内容のファックスが届く。

暗い記憶におびえ、薬漬けの毎日を送るセリーナは、

母を疎ましく思いながらも、仕事のついでにと自分に言い訳しながら

故郷リトル・トール・アイランドへ向かう。

現在の事件と過去の父親の事故死の謎を、母親との葛藤・誤解そして和解へと導きながら

解き明かして行く上質のミステリー映画。

原作はスティーブン・キングの『ドロレス・クレイボーン』。

主演の二人の女優、キャシー・ベイツジェニファー・ジェイソン・リー

抑えた演技で成功した映画である。

有能そうに見えるが実は、男性関係において上手く生きて行けていない娘セリーナは

記憶のどこかで傷を負い、過去から逃れようと必死である。

気が進まぬままに母との何年振りかの再会を果たしたものの、

彼女の心は母を許していない。

思い出したくない記憶と忘れたくない思い出が混在する生家で苦悩するセリーナ。

父親の事故死に疑問を抱きながらも、その事で母を問い詰める勇気もまた、彼女にはない。

そんなセリーナのジレンマが観ているこちら側にも伝わり、

重苦しい雰囲気で観る事になるが、不快感はさほど感じずにいられる。

導入部がセリーナの視点だった為、娘の方に感情移入しがちだが

次第に母ドロレスに気持ちは傾いて来る。

セリーナが幼い頃、夫の暴力と言葉での侮辱に耐えていたドロレスを

メイドとして雇っていた女主人ヴェラは、彼女の悩みを察知し、戦慄の告白をする。

ヴェラの助言がドロレスの人生を変える事になるのだ。

事件は果たして本当に“事件”なのか?過去の事故は本当に“事故”なのか?

執拗にドロレスを追い詰めて行く刑事の目的は一体何なのか?

母ドロレスは殺人犯なのか?

ミステリー映画なので謎解き出来ないのが何とももどかしい

スティーブン・キング原作の映画は何本か観ているけれど、私の中ではNO.1の映画。

『ショーシャンクの空に』も『スタンド・バイ・ミー』も『ミザリー』も好きだけど、これには勝てない。

公開時、日本では大した話題にもならず、メジャーでありながらメジャーになれなかった映画である。

号泣するわけでもなく、『ショーシャンクの空に』のような壮大な達成感もないと思うが

ドロレスの荒れた手指に象徴される、母親の娘に対する愛情は充分に感じる事が出来る。

謎が解け、記憶のほころびは縫い合わされ、自分が愛されていた事を知ったセリーナが

母親を弁護する場面では、静かに泣くに違いない。

自分本位な男の論理と、身勝手な(?)女の論理の戦いにおいて、

その時代背景も重ね合わせて考える時、

賛否両論はあろうが、ドロレスを責める事は出来ないと思う。

私に同じ事が出来るかどうかはまた別として。

原作は、キングが実母に捧げたものだそうで

設定などは映画と少し違っているらしい。

しかし、根底に流れる母親の愛情は共通したものであろうと想像する。

ストーリーテラーとして名高いキングは、自分が書いた原作とは主旨が違っている事も含め、

ホラー映画の傑作『シャイニング』にご不満の様子で

TV版『シャイニング』では自分で脚本を書いたと聞く。

だが、作品として観た場合、やはり映画の方が数段上の出来映えであった。

原作通りに作られたものが全て素晴らしいとは限らない、良い例である。

そういう意味でも、この映画の脚色は成功。

大好きなジェイソン・リーも相変わらず美しい。

ドロレスをどう裁くかは、個々の判断にお任せしたい。

(03/14/00)


MOVIEs TOP